yamahanayamaの花日記

山に咲く花の紹介

大蔵高丸・大谷ヶ丸の花々  2  2016.7.17

大蔵高丸・大谷ヶ丸の花 2

ハマイバ丸から滝子山三つ峠方面

富士山の手前が三つ峠

f:id:yamahanayama:20210529161425j:plain

ハマイバ丸から

ウマノアシガタキンポウゲ科

馬の脚形で、葉の形が馬のヒズメに似ていることから。しかし、3裂や5裂していてヒズメには見えない。牧野植物図鑑には根生葉(一番下の葉)は浅く5裂したものが遠目には円形に見えるのでこの名が付いたとある。花弁が金属光沢を持つのも特徴である。

f:id:yamahanayama:20210529153741j:plain

ウマノアシガタ

ヤマオダマキキンポウゲ科

苧環で形が苧環に似ていることから。苧環とは、苧手巻で麻糸を中が空洞になるように円く巻き付けたもの。外側にあるのが萼片で黄色いのが花弁。花弁の後ろに伸びているのが距で蜜をためる。

f:id:yamahanayama:20210529153823j:plain

ヤマオダマキ

ミヤマコゴメグサ(ハマウツボ科)

深山小米草で白い小さな花を米に見立てたもの。

f:id:yamahanayama:20210529153849j:plain

ミヤマコゴメグサ

フジイバラ(バラ科

富士茨で富士山周辺で見られることから。実際には富士山以西に分布するらしい。

f:id:yamahanayama:20210529153911j:plain

フジイバラ

シモツケバラ科

下野、現在の栃木県で発見されたことによる。小さいが木本である。

f:id:yamahanayama:20210529153933j:plain

シモツケ

シモツケソウ(バラ科

上記のシモツケと同じ仲間だが、草本であることから。間違えやすいが葉の形が違う。

f:id:yamahanayama:20210529153956j:plain

シモツケソウ

ニガイチゴ(バラ科

苦苺で苦い味から。しかしそんなに苦いとは感じない。

f:id:yamahanayama:20210529154025j:plain

ニガイチゴ

タチフウロフウロソウ科

立風露でその茎が特に直立することによる。

f:id:yamahanayama:20210529154053j:plain

タチフウロ

ホソバノキリンソウ(マンネングサ科)

キリンソウだと思っていたが、葉に尖った鋸歯(葉の周りのギザギザ)があることからホソバノキリンソウ(細葉の麒麟草)にした。麒麟草の意味は不明。

f:id:yamahanayama:20210529154121j:plain

キリンソウ

ムラサキ(ムラサキ科

本種が群れて咲くことから「群ら咲き」であるとする説が一般的であるが 根が乾燥すると紫色で、紫色の染料として使われたことからとの説も。自生地の環境悪化により、

自生のものは非常に少なく、絶滅危惧種になっている。

f:id:yamahanayama:20210529154145j:plain

ムラサキ

アオダモユキノシタ科)

枝を切って水につけると、水が青色になるから。ダモ又はタゴはトネリコのこと。

では、トネリコの由来は、樹皮に付着しているイボタロウムシが分泌する蝋物質にあり、動きの悪くなった敷居の溝にこの白蝋を塗って滑りを良くすることから「戸に塗る木(ト-ニ-ヌル-キ)」とされたのが、やがて転訛して「トネリコ」と発音されるようになったものといわれる。少し長々な説明になりました。写真は果実。

f:id:yamahanayama:20210529154215j:plain

アオダモ

トンボソウ(ラン科)

蜻蛉草で姿がトンボに似ているから。ラン科でトンボのつくものが何個かあるが一つずつの花が小さくてわかりにくい。

f:id:yamahanayama:20210529154242j:plain

トンボソウ

ミズチドリ(ラン科)

水千鳥で水湿地に生え、花が千鳥の姿に似ていることから。しかし、この山の草原にも生えていたので、湿り気があれば生育出来ると思われる。同じ仲間のツレサギソウは唇弁(前に垂れる花弁)がもっと細く、長い。別名ジャコウチドリといわれ、匂いがいいというが鼻が悪いのでわからない。

f:id:yamahanayama:20210529154303j:plain

ミズチドリ