yamahanayamaの花日記

山に咲く花の紹介

奥多摩の花々(4)   2011.7.6 2014.5.3, 5.26

高水三山・棒ノ折れの花(1)

高水三山は青梅線沿線にある高水山(759m)、岩茸石山(793m)、惣岳山(756m)のことである。標高も高くなく、道も険しくないので山の入門コースとして親しまれている。花に関しては特に多いわけではないが、春にはスミレなどが見られる。

岩茸石山山頂から北方をのぞむ

中央奥は棒ノ峯(棒ノ折れ)

f:id:yamahanayama:20200721203840j:plain

 

アカネスミレ(スミレ科)

茜菫で花の色が茜色であることから。葉や距(花弁の後ろが飛び出しているところ)に毛がおおい。

f:id:yamahanayama:20200721203921j:plain

 

アケボノスミレ(スミレ科)

曙菫で花の色が、夜明け前の曙色になるから。葉が広がる前に花が咲く。

f:id:yamahanayama:20200721203957j:plain

 

エイザンスミレ(スミレ科)

叡山菫で比叡山にあることから。葉が5裂し、さらにそれぞれが細かく分かれている。花の色も白からピンク色まで見られる。

f:id:yamahanayama:20200721204016j:plain

 

タチツボスミレ(スミレ科)

立坪菫で、茎が上に伸びる(地上茎という)。坪は庭のことで、スミレでは一番多く目にする。それだけに色や葉の変異が多い。

f:id:yamahanayama:20200721204036j:plain

 

ツボスミレ(スミレ科)

坪菫で径1cm位の小さな花をつける。如意(ニョイ)すみれともいう。

f:id:yamahanayama:20200721204053j:plain

 

フモトスミレ(スミレ科)

麓菫で、山の麓に生えるから。しかし、標高千mぐらいまでよく目にする。

f:id:yamahanayama:20200721204109j:plain

 

マキノスミレ(スミレ科)

牧野菫で、植物学者の牧野富太郎が発見したから。シハイスミレの変種で、葉裏が紫色であり、葉が上方にピント伸びる。

f:id:yamahanayama:20200721204128j:plain

 

マルバスミレ(スミレ科)

丸葉菫で葉が丸いことから。

f:id:yamahanayama:20200721204148j:plain

 

ウツギ(アジサイ科)

空木で幹が中空になっていることによる。この花のことを卯の花とも言い、歌にもある。旧分類はユキノシタ科。

f:id:yamahanayama:20200721204218j:plain

 

ガクウツギ(アジサイ科)

額空木で、ガクアジサイのような装飾花を持ち、ウツギに似ているから。装飾花とは萼片が花弁のように目立ち、雄しべ、雌しべが無く、あっても不完全な花。別名コンテリギ。旧分類はユキノシタ科。

f:id:yamahanayama:20200721204238j:plain

 

コアジサイアジサイ科)

ガクアジサイにある白い花弁のような装飾花が無く、小さな花が集まっている。装飾花のあるアジサイを見慣れてると、すぐには納得がいかない名である。

f:id:yamahanayama:20200721204250j:plain

 

ヒロハコンロンソウ(アブラナ科

広葉崑崙草。崑崙は中国にある崑崙山脈で、白い花をその峰にある白い雪に例えたといわれる。

f:id:yamahanayama:20200721204304j:plain

 

カテンソウ(イラクサ科)

花点草は漢名で、雄花の花粉は小さくて、まるで花が点のように見える。それで花点草といわれる。長く伸びているのは雄花をつける花穂で、雌花は葉の付け根(葉腋という)につくのでこの写真では見えない。

f:id:yamahanayama:20200721204317j:plain

 

クワガタソウ(オオバコ科)

果実が兜の鍬形に似ていることから。旧分類はゴマノハグサ科

f:id:yamahanayama:20200721204343j:plain

 

センボンヤリ(キク科)

春は写真のように白い花を咲かすが、秋には花の開かない閉鎖花をつける。これが林立する様を槍に例えた。閉鎖花は自分の花粉を自分の雌しべに付けて種子をつくる(これを自家受粉という)が、新しい優れた遺伝子が入ってこない。生き残り、進化するには他から異なる遺伝子を取り入れることが必要。これを他家受粉という。

f:id:yamahanayama:20200721204400j:plain

 

トウゴクサバノオ(キンポウゲ科

東国鯖の尾で果実が鯖の尻尾のようで、東国は関東地方に生えることから。白いのは萼片で、花弁は黄色い蜜槽になっている。

f:id:yamahanayama:20200721204443j:plain

鯖の尾状態の果実。

f:id:yamahanayama:20200721204458j:plain

 

セリバヒエンソウ(キンポウゲ科

葉が芹の葉のようで、花が飛ぶツバメ(飛燕)のようだから。花弁の後方に長く伸びているのは距(きょ)といい、蜜を貯める。

f:id:yamahanayama:20200721204600j:plain

 

クサノオウ(ケシ科)

諸説あって①草の黄で、黄色の汁を出す。②丹毒(クサまたはカサ)を治すからクサの王③草の王

f:id:yamahanayama:20200721204515j:plain

 

シロヤブケマン(ケシ科)

全体が紫色のムラサキケマンの方がよく見るが、その品種。白藪華鬘で、華鬘は仏堂に飾る装飾品。

f:id:yamahanayama:20200721204548j:plain

 

ミヤマキケマン(ケシ科)

深山黄華鬘でもう説明はいらないでしょう。キケマンは海岸近くに生育し、もっと大きい。

f:id:yamahanayama:20200721204622j:plain

 

オカトラノオサクラソウ科)

花穂が虎の尻尾のようだから。よく似たノジトラノオ(野路虎の尾)は葉が細い。

f:id:yamahanayama:20200721204638j:plain